会長挨拶
tabatahiroaki.jpg
富山県卓球協会 会長 田畑 裕明

 富山県卓球協会会員の皆様におかれましては、日頃より各種大会の企画・運営や選手育成ならびに様々な普及活動を通して、卓球競技の発展振興に積極的に取り組んでいただいておりますことに深く敬意を表します。
 新型コロナウイルス感染症を取り巻く環境はまだまだ厳しく、昨年度も感染拡大防止の観点から多くの大会をやむを得ず中止とさせていただきました。各種大会等に向けて練習に励んでこられた選手の皆様をはじめ、ご準備をされてきた関係者の皆様に心よりお詫び申し上げます。当協会では本年度も万全の感染防止対策を講じ、皆様が安心してご参加いただけるよう各種大会の開催に向けて取り組んで参ります。何卒ご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
 さて、昨年は7月に兵庫県神戸市で開催された「全農杯2021全日本選手権大会」におきまして、南砺市の柴田洸選手(小学4年生以下・カブの部)と柴田優星選手(小学2年生以下・バンビの部)がともにシングルスで初優勝、兄弟で全国制覇という快挙を達成されました。全日本選手権大会優勝は富山県卓球協会登録選手では歴史上初めてのことであり、私も大変嬉しく思っております。両選手の今後の更なる活躍に大いに期待したいと思います。
 また、同じく昨年夏に開催されました東京2020オリンピックでは、混成ダブルスの水谷隼・伊藤美誠ペアが金メダル、女子団体チームが銀メダルという素晴らしい活躍を見せてくれました。今後の卓球界を担う若き選手達に感動と勇気を与えてくれただけでなく、これから卓球を始める子どもたちにも競技の魅力が大いに伝わったのではないでしょうか。
 コロナ禍の影響が長期化する現状で、外出や運動の機会が減った方も少なくないと存じますが、ジュニアからシニアまで幅広い年齢層の方々に競技スポーツとしてだけでなく生涯スポーツとしても卓球を楽しんでいただけるよう、より一層の普及・発展に全力を尽くして参ります。
 結びに、今後も富山県卓球協会事業へのご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

                                                                       

                                                                                                          2022年4月吉日

​                     富山県卓球協会 会長   田畑 裕明